読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FISCOフレンドシップ自転車レース

7月5日

前日に亀石さんに乗せてもらって、FISCOへ。前日受付をしたのですが、付近にメーカのブースは無し。折角色んなメーカの自転車を試乗したかったのですが、今回は若干硬派なイベントらしくブースはありませんでした。。。

さて当日。
FISCOは走ったことが無いので、5時出発で5時半にFISCOに到着。
さとしさんがPITを取っておいてくれました。ありがとうございます。

今回CLUB29からの参加は、みずちゃさん、まことさん、すすむんさん、亀石さん、パロさん、さとしさん、ボスさん、そして僕。もう既に僕が幽霊部員みたいですが。

試走は体を起こすつもりで3周しました。想像以上に前半が下っていて、後半パートが上っているなぁという感じ。

スタート1時間前になったのでアップを。集団が飛ばすレース序盤についていきたいので、コース外周をじっくり上り下りして心拍を上げておきました。

スタート30分前にピットアウト。最前列付近に並ぶ。実力不相応で周りの速い人には申し訳ないのですが、序盤の渋滞、混乱を避ける為にも前の方に並ばせて頂きました。片山右京選手、マッチ選手もいました。

さて、スタート。
やはり大集団での序盤のペースの上げ下げがキツイ。上りはダンシング、下りはサイコンでは68km/h。途中、大集団の外側に弾き出された所で一気に抜かれ、集団に入り込めず脱落。。早々に集団から遅れてしまったので焦りました。

その後、後から来たトレインに乗っかり、レース再開。亀石さん発見。同じトレインで走る。
序盤数周は呼吸も苦しくつらかったです。僕の前にはシマノレーシングの栗村監督。このままついて行きたかったが、横から入ってきた人に譲ったら中切れされてしまい、それを取り戻せずサヨウナラ。

また後ろから来たトレインに乗る。
下りはついていくことはそんなにつらくないのだが、後半の上りでやはり遅れかけて、ホームストレート序盤で頑張ってトレイン最後尾に連結する様な流れ。上りで遅れすぎるとそのトレインから脱落してしまう。

なるべく下り区間が終わる辺りでトレイン前方にいて、上りで遅れつつ、上りきったところで集団後ろに位置する、という戦法を取りたかったが、たまに下り区間で一番前で引かなければいけないタイミングになると、上りに入った時点で足がキツくトレインに乗り遅れてしまったりしていた。

レース中盤でようやく呼吸・心拍が楽になってきました。
序盤より遅いペースで走っているものあるけど、体がようやく慣れてきた感じがしました。ただ足の疲労感は相変わらず。

この様な展開でレースも後半。スタート地点の残ラップ表示も「1」になり、最終周。ゴール前ストレートで集団全員を抜いて、先頭を引っ張りゴール。。。

と思ったら、先頭がゴールでレース終了ではなくて、各自25ラップした段階でレースが終了というルールでした。どうやら3ラップ残っていたようで、3ラップポタリングしてゴール、ということになりました。レギュレーションをよく読まなかったミスですね。。。

最終周はみずちゃさんを引っ張ってあげるつもりが、うまく歩調が合わなくて、30秒差の3位を逃してしまうという失敗。(みずちゃさんは女性の部4位でした)

諸データ(スタート〜ピットに戻るまで)
・AVE 34.8km/h 90rpm
・MAX 68.7km/h 163rpm
・DST 117.01km 3h21m29s

というわけで、結果も出ず散々な出来でしたが必ずどこかのトレインに乗っかってレースができたのは収穫かな。

レースが終わる度に思うけど「やっぱ自転車はエンジンだな(爆」
新しいバイクが欲しかったけど、計画延期かな・・・

帰りは韓国料理屋で打ち上げ(笑